乱視がうまく聞けないとき

乱視がうまく聞けないとき

何が原因か?
・S面の調整がうまくいっていない
→乱視を聞き始めたときのS面がマイナスを入れすぎていると乱視の逆転がうまく聞けません
  マイナスを入れすぎているときは、レフと逆の方向に軸が入ったり、すぐに逆転したりすることがあります
 こんなときはもう一度視力表に戻ってS面を調整してから、乱視をもう一度聞いてみてください
例えば・・・
レフがS+2.0D:C-1.0DAX90° とします
視力がなかなか出ずに(0.9)見えたのはS+2.0Dだった
なのでS+2.0Dで乱視を聞いてみると
レフは90°なので「横が濃い」と答えて欲しいところですが
「縦が濃い」と言われてしまった・・・・
縦が濃いってことは、濃い方向と逆の方向に軸を入れるので
軸は180°
レフと真逆の方向ですね
こんな場合は、S面落としすぎたかな?と思って
S+2.5Dでもう一度聞いてみるか
視力をはかって0.7見えるS面くらいに調整してみてください
本当に軸が90°なら
今度は「横が濃い」と答えてくれるはず

また
S+2.0Dで聞き始めて
始めは「横が濃い」と言ってくれてよし!とC-0.5Dを90°に入れると
すぐに「縦が濃くなった」と言われたら
あれれ?レフはー1・0Dになってるけど・・・ですね

そんなときも、逆転か雲霧が足りていないかのどっちかなので
S面を0.5DUPしてS+2.5Dにしてみてください
+2.5Dにしても縦が濃いなら逆転
+2.5Dにしたら「あ。また横が濃くなった」と言われれば
雲霧が足りていなかったということです

・自分の技術
確かに、まだ乱視が上手に聞けないときは
なにがなんだかわからず手探り状態なので
上手に聞けていない可能性もありますね

練習あるのみ

何回も、何人もするのみです

・患者さんの問題
患者さん自身も乱視を答えることに慣れていません
上手にベテランの訓練士さんが聞いても
始めての患者さんは
「何を聞かれているんだ??」
「何を答えたらいいの?」と不思議そうな顔をされるときも
いっぱいあります(笑)

毎回聞かれれば、あー乱視の検査ね、と患者さんも慣れてくるんですけどね

なので
初回は聞けなくて当然

乱視の検査があるんですよ、と患者さんの記憶に残ればいいんです

乱視の検査が初めての患者さんに
四苦八苦して時間かけて聞いても
患者さんも検査員もしんどいだけ

なので
ちょっと今日は乱視の検査はムリそうだな、と
早いうちに乱視を聞くのを終了するのも技術のうちです

患者さんが
「眼科行って疲れたな、嫌だったな」と思われたら嫌ですもんね

そして
イロイロな理由で乱視を聞かなかったときどうするか

レフの乱視の値を「そのまま」いれます

そのままです

14353020920-2.png

このレフなら
右はC-1.25DAX130°
左はC-0.5DAX90°を入れます

私が経験するのは
「わからなくなったら、レフ値をそのまま入れてね」と言うんだけど
実際に入れてるのを見たら
このレフなら右はC-1.0DAX130°を入れてたり
レフの軸が80°になってるのに90°に入れてたり

それは「そのまま」じゃないでしょ、と思うんです・・・

なんか、調整してるやん

しかも
「なんでレフは80°なのに90°に入れたの?」
「レフはー1.25Dなのにー1.0Dにしたの?」と聞いても

返ってくる言葉は
「なんとなく・・・・」です

自覚で聞けないときは
レフ値をそのまま入れてほしいんです

そしたら
次にカルテを見たとき
「レフ値を入れたんだな」って思うけど
少し調整されてると
「自覚で聞けたのかな」って思ってしまう

へんな調整はせずに
聞けなかったらいさぎよく
レフ値を「そのまま」入れてくれーと思う

私は自覚で聞かなかった時は
カルテに書いた乱視に矢印→して「レフ値」ってコメント書いてます
関連記事
\Follow me/

1 Comments

menohatena  

Re: タイトルなし

こんばんは

乱視表の線がはっきり見えないと言われたら・・・ですが、視力は矯正で(1.0)出る人でしょうか?もし、最高視力が(0.6)の人だったら、見にくい、と言われるかも。
(1.0)見える人なら、視力検査だから、はっきり見えないといけない、と患者さんが思い込んでいる場合もあります。乱視表を使っての検査は「ぼやけて見える中で、濃い・薄いがあるか」を聞きたい検査です。なので患者さんに「ぼやけて見えていてもいいですよ。今は、ぼやけて見える中で、濃いところがあるか、全部同じ濃さに見えるか、を聞きたい検査なんです」と乱視検査の目的を説明したら、「あーそうなん?」「じゃぁ、横が濃く見えるよ」と答えてくれる場合もあります☆

あとは・・・あんまり「ぼやけるぼやける」を連発してなかなか聞けそうにない場合は、とりあえず、レフ値を入れてみる。そうすると、ある程度はっきり見えると思うので、レフ値を入れた状態で、「濃い、薄い」を聞いて、逆転したら逆転の1つ手前のレンズを採用する、という方法もあります。

お試しください!(^^)!

2016/04/26 (Tue) 22:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment