受験ストレス?

本格的な高校受験、大学受験のシーズン到来ですね

最近、ちらほら
「見にくい」
「目が疲れる」
「目が重たい」
「ピントが合いにくい」などなど

よく、老眼初期や大人の人が言う症状を訴える
中学生や高校生が来院する

度数を測ってみると
「見にくい」というけど
度数はS-0.25Dや-0.5Dくらいしか入らず
裸眼視力も0.8とか1.0見える子もいる

そんなに見にくくないんちゃうかなー?と判断できる感じ・・・

症状が続くようであればまた来てくださいね
そう説明するけど、受験で忙しい・・・

受験が終わって来るのかな、と思っていても
来院せず

先生が診察しても
特に目の症状は何もない

こ、これは・・・
受験ストレスからくる目の症状なのでは、と思ってしまう

私が中学、高校のとき確かに受験勉強はしたけど
そんなにストレスで身体に不調が出るくらい頑張ったかしら・・・・(笑)

ついつい自分の昔を思い出して苦笑する

だいたい、真面目そうで、頭のいい学校目指してそうな
学生さんに多い気もする

不調を訴えて来る中学生や高校生

先生も、眼科の診療というより
心療内科のような診察内容+説明になってる

受験生よ

もう少しだ

頑張ってくださいね

そして、受験を乗り越え
楽しい学生生活を精一杯楽しんでほしいと思う

頑張って受験を終えたのに
学生生活を楽しめず
燃え尽き症候群にならないように、と
心の中で応援する

自分の学生生活を振り返ると
高校生が、最高に楽しかった

本当に
お箸が落ちただけで友達と爆笑できた

あの時の友人関係は
今でも大事な心の支えになっていると思う

今はインターネットやlineなどのせいで
複雑な人間関係、友人関係になっているのかもしれないけど

純粋に
友人と本気で笑って、けんかして
また仲直りして、親にも言えないことを相談して
たわいないことで一緒に笑って・・・

将来のことを想像して
夢に向かって進む力を蓄える

そんな学生生活を送れますように



関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment