色覚検査をしていない年代

この前、院内勉強会をしました

そこで出た話題

色覚検査の話です

色覚異常がある人は
正常の人と比べて、見分けがつきにくい色がある

逆に、正常と言われている人が
「同じような色」と思う色を
まったく違う色に見えている

色の感覚が違う世界なんですね

「異常」というか「少数派」という感じでしょうか

先天性の劣性遺伝なので、治ることはないけど
「色の感じ方が多数派(正常)なのか、少数派(色覚異常)か知っておく」ことは
必要かなと思う

色覚検査と言えば「石原式色覚検査表」を思い出す人も多いと思う


中はイロイロな色の中に数字や線が書いてある


色覚検査の歴史(?)を簡単に書くと
大正9年 義務教育で色覚検査が行われる
昭和48年 学籍簿に記載されているため就職に影響が及ぶ

この辺りから、色覚差別撤廃の声が活発化する

平成6年 色覚検査は小学校4年生のみ行う
     学籍簿に記載もなしとなる
平成15年 色覚検査が廃止
     「色覚バリアフリー」が活発に。

しかし、その後学校生活や進学、就職などで問題となることも

平成26年 希望者に色覚検査を行う流れとなる(小学校・中学校)

このような流れをたどっているようです

確かに。

治る病気ではないので
昔のように毎年毎年検査をして
「あなたは異常だ」というレッテルを貼る必要はないと思う

でも、一生のうち、全く色覚検査をしないのも…

将来の目標が決まって頑張っている若い子が
色がわかりにくいから、と夢を絶たれてしまうのは
悲しいですよね

もっと早くにわかっていれば…と思うかもしれない

昔は、世の中の人は
色覚異常は色が全く見えないんじゃないか、
モノクロの世界で生きているのは・・・?と
勘違いしていた

なので、偏見や差別もあったと思う

でも今の時代は、「個性」やその個性との「共存」が言われる時代

自分の状態を正しく知って上手に付き合っていこう

そんな時代

小学校の希望者への色覚検査はぜひ行って欲しいと思う

劣性遺伝なので
お父さん、お母さんに異常がなくても
子供には色覚異常を持っていることもある

圧倒的に男の子が多い(20人に1人・5%ほど)けど
5%ほど500人に1人は女の子

歴史を見たらわかるけど
10年間も色覚検査って行われてなかったんですね

色覚検査を廃止されていた
年代の子は、今は中学生~大学生
12歳~22歳

中学校でも希望者には色覚検査をしてくれるので
全く受けていない世代は
高校生~大学生
16歳~22歳

この世代の子供(…という年齢ではない?)は
色覚検査を全く知らない

経験が10年以上ある、眼科医や視能訓練士は
昔、色覚のことで相談された経験があると思うけど
ここ5~10年で眼科医になった先生や視能訓練士さんは
その経験も少ないのかもしれない

関連記事
色覚異常・けんちゃんの色

色覚関係のサイト
・色覚問題研究グループぱすてる
・滋賀医科大学眼科学講座・色覚異常者の色の見え方
・滋賀医科大学眼科学講座・臨床的色覚検査法
・滋賀医科大学眼科学講座・異常の程度と職業適性
・日本眼科学会
・目と健康シリーズ


送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

毎日が楽しくなるおケイコを探そう!ケイコとマナブ.net
関連記事
\Follow me/

2 Comments

悠結梨  

大学

コメント失礼します。Twitterでフォローしているものです。大学病院でクラークしています。
まさに大学入りたての子が色覚検査に引っ掛かったとやって来ます。警察官になりたい子もいました。船の船長になりたい子やパイロットになりたい子もいました。そのためにその大学に入った子も多数診ました。切ないです。知らなくていい事ではないです。知っておくべき事です。
色覚検査しなかった世代が不憫です。

2015/11/19 (Thu) 21:00 | EDIT | REPLY |   
menohatena  

色覚検査

コメントありがとうございます
そうですよね。産まれながらのものなので、本人は、自分で気づくことができにくいので、どこかで、気づくキッカケを作らないとダメですよね。
もととは言えば、色覚異常の人への間違った偏見から、治るものではないのに、差別や偏見をうむだけだ、と言う考え方から、一時期廃止されたんだと、私は思います。昔は、結婚や色覚が関係ない職業にも、影響があったのも事実です。
でも、今はそんな時代ではないですし、自分の状況を把握するためにも、検査は必要ですね。
実際に、お仕事でそのような悩める若い人を経験すると、ツライですね。
色覚を受けていない世代は、自分が受けていない世代なんだと知って、将来を決めるときは一度色覚検査、受けて欲しいですね。そのためには、学校の先生の役割も大きいのではないかと私は思います。
また、blog遊びにきてくださいねー!
ありがとうございます

2015/11/19 (Thu) 21:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment