カーディガンは汚染されている!?

またアデノウィルス(EKC)の話

最近ほんとうに多いので、イロイロ考えてしまいます

アデノ疑いの人が来たとき
スタッフは手洗い、アルコール消毒
診察室もアルコールで消毒
待合室の椅子もアルコールで拭き拭き   などなど

どの施設も感染予防はしていることだと思う

意外な盲点?はカーディガンじゃないかと
私は思う

手をきれいに消毒しても
外来の椅子を消毒しに行ったときに
カーディガンの裾がヒラヒラなって
アデノウィルスが移っているかもしれない
椅子にカーディガンが当たる

ってことは
カーディガンにアデノウィルスが移ってしまう可能性がある

制服は毎日
長くても1週間に1回はクリーニングや
洗濯をすると思う

でも
病院で着るカーディガンって
あんまり、、、、洗濯しないような・・・・・

私だけでしょうか?

たとえば
1ヶ月に1回くらいしか
洗濯しないのであれば
1か月間カーディガンにアデノウィルスがついたままです

なので
アデノウィルスの除去?に行くときは
私はカーディガンを脱いで行くようにしています

あと
診察室がカーテンになっている病院

カーテンも小まめに洗濯することをおススメします

引き戸のドアになっている病院は
取っ手部分を必ず消毒、です

病院用アルコール消毒の一例・ウエルパス

「ダスキン 手指消毒剤 ウエルパス マイルド 500mlポンプ付き」【消毒用アルコール インフルエンザ 対策 手 除菌 丸石製薬 ウェルパス】




EKCの目
EKC2.jpg





関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment