パイロットになるための視力

17歳の男の子

「パイロットになりたくて、大学進学を考えているけど、パイロットになれる条件は満たしているか?」

気になり、来院

どうやら、高校の先生と進路について話をして
確実に条件クリアなら、航空大学か専門学校に進路を決定するが
クリアできるかわからないなら
一般の大学も視野に入れて、進学を考えていったら・・・と話が進んだ様子

パイロットの資格と言えば、視力の条件は厳しかったはず

ん~

調べてみました

こちらのサイト
航空医学研究センター

なるほど
・遠見視力
・中距離視力
・近見視力
・両眼視機能
・視野
・眼球運動
・色覚

これが関係するみたいですね

昔は、眼鏡やコンタクト、ましてやレーシックはNGだったけど
今では条件付で大丈夫になっている様子

視力の条件は
イ)各眼が裸眼で0.7以上及び両眼で1.0以上の遠見視力を有すること
ロ)各眼について、各レンズの屈折度が(±)8ジオプトリーを超えない範囲の常用眼鏡により0.7以上、かつ、両眼で1.0以上に矯正することができること                                         (航空医学研究センターより引用)

この2つの条件のどちらかにあてはまること

ロ)に該当する場合は常用眼鏡と、予備の眼鏡を常に携帯すること、となっています

なるほどなるほど-

男の子は
裸眼視力が右)0.1  左)0.2 で
矯正視力が右)1.2 S-3.5D  左)1.2  S-3.25D
S-2.0Dの眼鏡を使っていたので
眼鏡を新しく新調すれば、条件クリアになるねーと話しました

すると、男の子
「裸眼視力も関係するんです」
「0.2ないとダメなんですが、僕は大丈夫でしょうか?」と

ん~ギリギリですね・・・

裸眼視力なんて、日によって変動するし
今日は0.1と0.2だったけど
当日測れば0.2かもしれない

としか、説明しようがありません・・・

でもちょっと待てよ?

・各レンズの屈折度が(±)8ジオプトリーを超えない範囲の常用眼鏡

とある

裸眼視力と矯正度数の関係の目安は
S-3.00Dでだいたい裸眼視力が0.1、です

なのでS-8.00Dの人は
裸眼視力は0.04とか0.02とか、そんな感じ

S-8.00DまでOKですよ、って書いてるのに
裸眼視力0.1以上、とか0.2以上とか、おかしいよー

もしかして、航空士と言っても
種類もイロイロあるし、学校によって基準が違うかもしれない

そう思って男の子に聞いてみた

視力の条件って・・・?

「裸眼視力が0.2以上で、眼鏡で±8.00D以下って書いてました」

やっぱりおかしいー

男の子には裸眼視力さえうまくいけば条件クリアです、という
あいまいな説明になってしまいました

たぶん、その裸眼視力が心配で眼科に来たんだろうけど。

これがS-7.00Dの人とかなら
裸眼視力、ちょっと厳しいかなーと説明するし
S-2.00Dの人なら、大丈夫!と説明できる

S-3.00D前後の人は・・・
その日による、そんな説明になってしまいます

ごめんなさい





気になるおケイコを手軽に検索「ケイコとマナブ.net」

関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment