コンタクトレンズ装用やオートレフ・眼圧測定で「まぶたをあげるコツ」

fc2blog_20191015162940f57.jpg

コンタクトレンズの装用練習・オートレフを測る、眼圧を測る・・・いろんな場面でまぶたを触って目をあけることが多いですね。上手にまぶたをあげると、検査もスムーズにいくしコンタクトも入れやすいので、試してくださいね



目が大きくあくってどんな状態?


まぶた18

まぶた19

いきなり目のアップ写真でごめんなさい

2つの写真、どっちが大きく目があいている状態だと思いますか?



下の写真ですね

白目が見えている広さが違います

写真はすごく目をあけた状態で大げさですが
コツを知れば目は大きくあけることができます

目を大きく開くことができれば何がいいか??
眼圧検査がしやすくなる
眼圧はまぶたを上手にあげれないと、測定結果が高くでる場合があります。まぶたを上手にあげれるようになると、検査をしやすくなる+正確な検査結果を出すことができるようになるのでいいことがたくさんあります

初コンタクトレンズのコンタクトを入れやすくなる
コツを知っていれば、初コンタクトの人のコンタクトを入れやすくなるし、コンタクトレンズの装用練習のときに説明しやすいです

目の開け方が上手か下手で目の大きさはこれだけ違う


上まぶたを上手に開けたとき
1273105080.jpg

上まぶたを下手くそな感じであけたとき
1273105079.jpg

下手
まぶた18

上手
まぶた19

白目が見えている範囲が違いますね
白目がたくさん見えてる方が目は大きくあいています

この感覚を意識してまぶたをあげることをおススメします

眼科で検査をするときは、目が大きくあいていた方がスムーズで正確な検査ができます


まぶたのあげ方のコツ


上手なあけ方と下手なあけ方、何が違うのか?

まぶたを引き上げる位置と、引き上げて止める位置です

まぶたは皮を引っ張っても伸びるだけで大きくあきません
まぶた11

まつげのキワからあげます
まぶた12

引き上げる位置は骨の位置まで
まぶた14

骨の位置まであげずに力を入れてまぶたをあげると、眼球を押さえてしまうので眼圧の数値が高く出ます

骨まであげて骨でストップです

骨に少し力がかかっても、眼球そのものに指の圧はかかりません

まつげの極に指をあてて、骨まで引き上げる

この方法だと、目が大きく開きます

ひきあげる時の注意点
ただ骨まで引きあげると目は大きくあきますが
上まぶたの裏側の赤い部分やまつげが見えます
まぶた13

まぶたを上げにくい人は
眼球に沿って指を動かして骨でストップ!!を心がけましょう
まぶた15

怖い写真になってしまいましたが、この方法でまぶたを上げれば、確実に目は大きくひらきます

下まぶたも同じ方法で大丈夫


下まぶたも上まぶたと同じ方法で引き下げます

まつげの生え際を押さえて、骨にあたるまでひっぱる
まぶた17

ひっぱるというか、眼球に沿ってまぶたを下げて骨にあたったらストップ、という感じです

この方法だと、下まぶたがベローッとめくれて赤いとこ出てるやん!という目になりません
まぶた16

下まぶたの裏が見えてしまうと目は大きく開かない

赤い部分が見えてしまうのはまつ毛の生え際ではない部分を触って、下まぶたをまっすぐ下に引き下げてるからです

まつげの生え際を触って眼球に沿って指を動かして骨でストップ

おススメの方法です

まとめ


①まぶたは開け方で目の開き具合が変わる
②まぶたはまつ毛の生え際を指で押さえるべし
③そのまま眼球に沿って指を動かして
④骨に当たればストップ
⑤上まぶたも下まぶたも同じ方法で大丈夫



初コンタクトレンズの患者さんにコンタクトを装用するとき
コンタクトの装用を患者さんに説明するとき
眼圧やオートレフを測定するとき
子供に目薬するとき

目が大きくあかずに困ったら1度試してくださいね

まぶたのあげ方って簡単そうなのに、難しいんです
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment