小学1年生で弱視発見

学校検診シーズン、まだまだ続いてますね
目のはてな

小学1年生の視力検査、危険が含んでると思いませんか?



最近きた女の子も・・・

3歳半検診→パス(問題なかった)
保育所や幼稚園で視力検査はなかった
就学前検診→0.7以下だった

0.7以下だったけど

たまたまかなぁー



小学校入ったらすぐに視力検査あるし
春の視力検査でまたひっかかったら眼科に行けばいいかな?



そう思った

・・・・で

今回、春の視力検査で、CC

あれれ?やっぱり視力悪いの?



そう思って眼科にきた

測ってみると

あかん・・・遠視S+3.0もある・・・
サイプレしたらもっと出るかも



もちろん視力も0.6くらい

こんな感じでの弱視発見でした

手遅れ・・・ではないけど
弱視治療
ギリギリセーフ
滑り込みセーフ


そんな感じです

視力の発達、成長は6歳〜8歳までと言われてます


小学校1年生〜2年生くらいまでは
見ることで視力がグングン発達できる時期

この時期は
いい意味でも
悪い意味でも
視力の土台はグラグラです

砂場の砂か
少し湿った土くらい

少し触ったり
穴を掘ると
簡単に土台は
崩れてしまいます


産まれた時は
サラサラの砂状態で
物を見ることで
少しずつ砂に水を入れていきます
イラスト25

イラスト24

砂にお水を入れると
少しずつ
ドロドロになって
さらに砂を入れて
水を入れて・・・を繰り返すと
土になって
もっともっと物を見ることで
土を踏み固めれば
かたーい土台ができます

カチコチになって
ちょっとやそっとじゃぁ、、掘ったり
出来ないくらいカチコチになります
イラスト26

目のはてな

1年生くらいで、この状態の目にしておきたい!!



まだ土台がグラグラしてる
小さい頃は
眼帯とかをして
目を隠してしまうと
視力が悪くなるし

遠視や乱視があって
視力が上手に成長できていない目は
弱視治療をすると
視力はグングン反応して良くなります


小学校1年生〜2年生で
視力の土台は出来上がってしまう




見る力が完成してしまうんです

なので

弱視治療は小さい頃から
始めることをオススメしたい!!!

就学前で
0.7以下だったなら
眼科受診してくださーい!!

私の本音です・・・

もうすぐ1年生になる子は
小さい子供といっても
3歳、4歳さんより
上手に視力を測ることができます

お返事も上手にできて
理解力もでてくる

そんな
もうすぐ小学校に行く子が
0.7見えなかったということは
見にくいってことです

熱く語ってしまいましたが

小学校1年生の学校検診には
弱視も含まれてるんだと思いながら
眼科のスタッフは検査をすることが大切ですね

そして

学校検診でひっかかったら
面倒でも学校受診、してほしいなぁーと思うのです
  イラスト(68)
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment