オートレフはマニュアル測定することをおススメします

学校検診、多いですね~

今回のテーマ

子どものオートレフの測り方と見方




対象は3歳~小学校高学年くらい、いや中学生くらいまでの子供です

私の中で高校生から一応大人の仲間です

目の度数とか調節のコント―ロールとか・・・

なので
今回は学校検診の用紙をもらってきた子供のレフです
ケース①
レフ 子ども (1)

ケース②
レフ 子ども (2)


さて、このレフを見て
ケース①とケース②の近視度数はどのくらいと予想しますか?

    

一緒によく見てみましょう

ケース①
レフ 子ども (1)

右目→はじめ(青線)はS-5.0Dです
そして測っているうちにだんだん近視が減っていって
レフ 子ども (1) - コピー

最後(赤線)はS-0.25Dです

代表値(平均値)は-2.25D
レフ 子ども (2) - コピー

さて、この子供の近視はどのくらいと予測して視力を測りますか・・・・?

S-2.25D?  S-0.25D??



どう予測しますか?

正解は・・・-0.25Dです

ほとんど近視はないですね

レフは少し(-0.5D~-1.0Dくらい)近視よりにでる傾向があります

なのでレフで-0.25Dということは
裸眼で1.2見えるでしょう、近視はないでしょうという結果になります


同じように考えて
左目はS-0.75Dがオートレフの値と考えます
少し近視があるか、まぁ、入っても-0.25Dか‐0.5Dくらい
私ならそう思います


ケース②
レフ 子ども (2)

これはどうでしょう?

右目→始め‐2.75D
測るたびに近視が減って
最後は‐0.5D、‐0.25Dもある
代表値は‐0.75D
レフ 子ども (2) - コピー


この場合はオートレフの近視は
1番遠視よりのS‐0.25Dだと考えます
一番プラスよりの度数を近視度数と考えます

同じように考えて
左は‐0.5Dです

どうしてレフの度数が測るたびに、こんなに度数変わるのか?



調節力が関係します

調節力とは
グッッと目に力を入れてみようとする力です

見にくかったり
緊張してたりすると
子どもは調節力をグググーーーーッッと使ってしまいます

無意識に・・・

緊張したとき
身体に思わす力がはいってしまう
そんな経験ありませんか?

あの感覚です

緊張したり
見よう!と気合が入ると
目にグッと力が入るのです

力が入ると
目の度数は
マイナス度数方向に動きます

IMG_7195 (1)

近視は近視が大きく
遠視は遠視が少なくでます

つまり
S+3.0の人が調節すると
レフの数値がS+2.0になってしまうことはあるけど
S+4.0にはなりません

近視の場合
S-1.0Dの人は
調節してレフの値がS-3.0Dになってしまうことはあるけど
S-0.5Dにはなりません

なので・・・

オートレフのS面は、一番プラスの度数をレフの度数だと思いましょう



でも・・・・
今回どうしてこんなにレフの値
どう思いますか?

もう1度見てみましょう

ケース①
レフ 子ども (1)

始め‐5.0Dだったけど
だんだん緊張がとれてきて
レフの機械も雲霧をかけて測る仕組みになっているので
‐0.25になった

右目のあとに左目を測ったから
左目は右目ほどググッと近視が入らず
‐1.5Dからスタート
だけど測っていくと‐0.75まで近視が減った

ケース②
レフ 子ども (2)

右目
始めは‐2.75D
だんだんレフに雲霧されて緊張もとれて
‐0.25Dとか‐0.5Dまで近視が減った

左目
右目の後なので
近視は‐1.0Dからスタートしたけど
やっぱり測ると少し減って‐0.5Dくらいになった

こんな風に結果を読み解いてます

    

ところで
オートレフには
オートモードとマニュアルモードがあるの
知ってますか?

オートモードは
焦点を合わすと
自動でピピピッと測ってくれます

早い!!

でも早いから
1回1回機械が雲霧する時間が少なくて
ほんとに、ピピピッッと
瞬間に測ってくれるイメージです

マニュアル測定は
1回1回測ります

自分でジョイスティックのボタンを
ここだ!って時に押して
ピーピピッと測る
ニデックレフ角膜厚測れる
参照|新機能 角膜厚測定が搭載されたオートレフケラト/トノ/パキメータ TONOREF®IIIを発売・NIDEK

もう1回押して
ピーピピッ
これを繰り返します
測るたびに機械が
ちゃんと雲霧(調節力をできるだけ働かせないようにする)してくれます


今回のレフは
どちらもマニュアルで測定してます

というか

私はオートレフは基本マニュア派

1回1回雲霧したい

雲霧を重ねるから
レフの近視が減ったり
遠視が増えたりすると思ってます

余裕がある方は
ぜひ!!!
オートレフはマニュアルで何回か測ってください!!

何回測るか?
基本は3回です

でも今回のように
測っていると
近視度数が減っていく感じがあれば
減るところまで何回も測ります

どこまでオートレフの近視が減るか??
ドキドキしながら測ります
緑枠が安定したかな、と思った値です
レフ 子ども-1 - コピー (2)

レフ 子ども (3) - コピー

オートモードからマニュアル測定に変える方法を
まず確認して余裕があるときに試してみてくださいね

ちなみに・・・・

ケース②
1回目マニュアル測定
レフ 子ども (2)

2回目オートモード測定
レフ 子ども (3)

同じ患者さんなのに
左眼は近視があるように感じてしまいますね

視力検査も大切ですが
視力検査は自覚的検査

自分のイメージや思い込み
患者さんの答えによって度数が少し変わってしまうこともあります

視力検査に慣れていないときは
オートレフの値も信じて測ると思います

できるだけ
正確に視力検査をするためには
その前のオートレフ
これを正確にとれる技術
そして、オートレフの結果をキチンとよめる技術が必要です

だれでも測れるオートレフ
されど差が出るオートレフ


私はそう思ってます

オートレフを使いこなしましょう!!!
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment