学校検診で用紙をもらったら、眼科を受診しましょう!

眼科が1年で1番忙しい時期といえば
いま、まさにです!

学校検診で視力検査があって
B、C、Dをもらった子が
一気に眼科に押し寄せます

わたし的に気になるのが
用紙をもらっても、眼科に来ない場合です

今行っても混んでるから、夏休みに行こう


とか

たまたまBだっただけでしょ?次はAかも。子供に聞いても見えるって言うてるし


とか・・・・

イロイロな事情と感情で

眼科に行かなあかんなー。でも、、まぁいいか


そうなってしまっているケースです

これ、まぁまぁ危険です


学校検診でBだったから眼科に行ったけど
1.2見えてたー

そんなときも確かにあります

だから

CとかDを何回かもらったら、眼科に行こうかな


ダメダメダメ

どうしてか?と言うと
子供の成長ははやい!!!


この一言です

黒板が見にくくなる視力の目安は0.7を基準とする考え方が多いです

0.7より見にくくなれば
メガネかけた方がいいかなー

そんな感じです

まぁ、0.7は目安で
眼科では
先生は近視度数や年齢も考えながら

メガネ処方してー


と、オーダーが出ます


こどもは、こまめに視力チェックした方がいい理由



①見にくくても、言わない子が多い
視力が0.3でも「黒板見えへんねん」と言う子は意外に少ないです。なので、定期的に測っておく必要があります。昨年メガネ作ってよく見えるって言うてたのに、今年またメガネでDになってたわ!小学生あるあるです。ってことはメガネでD判定になるまで、こどもは「見にくいからメガネ変えたい」とは言わなかったということです。

②見にくいと気付いてても、言わない子も多い
怒られるかも、、、という心理ですね。子どもって、イロイロ考えるんですよね

③成長とともに、急に進むときがある
昨年までは紙もらって、眼科行っても「まだメガネなしでいいですよー」だったから、どうせ、同じでしょ?と1年ほどほっておいて、2年ぶりに眼科に行ったら、初めてのメガネにするには、キツイかもしれないくらい近視が進んでると言われた、、、のパターン。子どもの近視は、進むときは一気に進むイメージがあります。なので、こまめにチェックしたほうがいいです。


どうしてこまめにチェックした方がいいのか?




初めてのメガネで
強い度数のメガネはかけると
クラクラしたり、歩きにくかったりして
かけずらいメガネになるからです

メガネは目とレンズの距離が離れているので
度数が強かったり、急に度数を上げたりすると
違和感が出やすいです

なので、始めてのメガネで
度数が強いとクラクラしてかけにくいメガネになってしまいます

かけにくい、使いにくいメガネは
使わなくなってしまう可能性が大きいので
はじめてのメガネは
クラクラせずに違和感なくかけれる
少しゆるめのメガネからの
スタートになってしまいます

少しゆるめのメガネでスタート
  ↓
1年経過
  ↓
近視がまたさらにすすむ
  ↓
メガネ再調整
近視が進んでいるので
1.0見えるメガネをかけると、またクラクラする
  ↓
また、少しゆるめのメガネを合わす

これを繰り返してしまいます
目のはてな

いつ、1.0見えるメガネかけれるねん!


そんな感じです

近視の進行が止まったときなのか・・・

そうこうしてる間に
コンタクトがしたくなって
コンタクトは1.2見えるものに合わせて
メガネはゆるめのまま・・・

コンタクトの方が見えるから
メガネをあまり使わなくなった・・・

わたしの妄想ストーリーですが
ありえる話ですよね

眼科の専門用語でいうと
近視度数がS‐1.0〜S‐2.0の間で
はじめてのメガネは作りたい!


1番導入がしやすいです
目のはてな

S−3.0DとかS−4.0Dまでメガネなしで過ごすのはできればやめてー!


私の心の声です

この前は
−6.0までメガネなしで過ごしていた子もいました
目のはてな

授業中見えてたんかい?


そう聞くと

んー。だいたい・・・。たまに見にくいときもあった



子どもの答えは
そんなもんなんです

大人の見守り、チェックがまだ必要なんです

学校検診で用紙をもらったら
できるだけ眼科受診してください!

そう思います

私の心の声でした
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment