ハンフリーを測るコツは姿勢と声かけ。私の声かけの方法

ハンフリー視野検査
ハンフリー
参照|ハンフリーフィールドアナライザー HFAⅢ ZEISS

第2弾はハンフリーの声かけ(私流)です

まず
私は検査全般においてですが
ある程度の基本的な知識は必要だけど
これが正解!とか
この度数が正しい、とか
こう説明するのがいい、とか・・・

その答えはないと思ってます
↑実際、私も何が正解かわかりません

その人が持ってる知識も人それぞれだし
経験も人それぞれ

それぞれの価値観や感覚
持っている知識を最大限に使って
患者さんや、医療とは何か・・・みたいなことと
しっかり向き合っていく姿勢が大事だと思ってます

ちょっと難しい話になってしまいました

まぁ
理想はそうなんですが
実際は・・・

どうやって説明したらええねん!


ですよね

    

私の中で代表的な声かけを書いてみます
目のはてな

今から視野検査といって、見える範囲の検査をしますね


目のはてな

まーすぐ前を見てても、横から人が来たら「あ、誰か来たな」「何か動いたな」とか、なんか動いた「気配」って感じますよね?まっすぐ前のここを見てると、周りから光がピカッと光るので、その光の「気配」を感じたらプッとこのボタンを押してくださいね。試しにボタンを1回押してみてください


プッ

目のはてな

そうですそうです!じゃぁ、1度練習しながら、してみますね。


目のはてな

ここに顎とオデコを載せてもらって・・・。そうですそうです。今、姿勢はしんどいとか、高いとか低いとか、あります?大丈夫?大丈夫そうだったら、片目(左目)にアイパッチを貼らせてもらいますねー


目のはてな

じーっとこの点を見ててもらって、周りから光がピカッと光りますので「あ!光ったな」と思ったら、このボタンを押してくださいね。光は大きいのもあるし、小さい光もあります。明るいのもあるし、小さいくて薄いものあるので「あ。これかなー」と思ったら押してくれていいですよ


目のはてな

あ。そして、人間って絶対見えない部分があるんですよ。機械はその絶対見えないところにわざと光を出して、この人キョロキョロしてないかなーって確かめるときがあるんです 。なので、少し光が見えない時間があっても、大丈夫なので気にしないで下さいね


目のはてな

1度してみますね


そう、言いながら始めます

・・・・・書いてみると、ながっっ!!説明

これはフル説明バージョンなので
患者さんによって説明は使い分けます

デモモードがあれば
練習かわりに使ってもいいですが
私は、そのまま検査開始してます

ただ、ハンフリー初めての患者さんには
目のはてな

1度練習がてら、やってみますね


そんな風に声かけして始めてます

初めての検査で
イキナリ本番!は精神的も
ドキドキしてしまいます

練習ですよー

そんな雰囲気で少ししてみると
ちょっとはリラックスできるかな

そう思ってます

上手にできてれば、そのまま続行

目がキョロキョロ、キョーロキョロ動いたり
検査がうまく進まないようであれば
もう1度説明します

え?いま押してもいいの?


そう言いながら
急に顔を外す患者さんもいます

そんなときは
すかさず検査ストーップ!!ボタン押してください


お顔は急に外さない
目はまっすぐ見ておく
じーっと見て、あ!光ったな、そう思ったらボタンを押す



この3つをもう1度説明します

2回くらい説明しても
うまくできないときはできません

検査結果が
んんんーという結果になってしまうときもあります

この検査は患者さんも練習が必要な検査

1回目は全然できなかったのに
3回、5回と回数を重ねていくと
上手になってくる人もいます すごいです

今日は上手くいかなくても大丈夫

検査をする人は
そんなおおらかな気持ちで
患者さんと接することをオススメします

ハンフリーは自動視野計です

そう、基本的には自動で視野を測ってくれるんです

なので

検査する人のスキルより
患者さんの状態の方が
結果に影響しやすいです

私たちは
患者さんがハンフリーに少しでも早く慣れるよう
お手伝いをする立場

そんな気持ちで検査してます

なかなか長い記事になってしまいました

最後まで読んでくれてありがとうございます

ハンフリーについて
書き始めたら、止まらず・・・・

もう少しこの話題を続ける予定です

ハンフリー第1弾

ハンフリーを測るコツは姿勢と声かけ。今日は姿勢を説明します

ハンフリー/視野検査見える範囲の検査です緑内障の検査で使うことが多いです参照|ハンフリーフィールドアナライザー HFAⅢ・カールツァイスくらーい部屋で1つの点(固視点)をじーっと見つめてあ!なんか光った!そう思ったらボタンを押す...


関連記事
\Follow me/

2 Comments

フリージア  

こんばんは(^^♪
視野検査の声掛け第二弾までありがとうございました。実は患者さんの都合で、まだやってないのです💦
 でもおかげで、今回の記事のおかげでもっと自信を持ってできそうです。
眼科勤務して思うことは、患者さんが検査をとても緊張した中で受けているということです。レフケラ、視力検査、視野検査。患者さんのほとんどが高齢者です。少しでも緊張を和らげてあげたいと、あがり症の私は思っています(笑)
 「気配」とっても腑に落ちるフレーズでした。うまい!!

2019/03/03 (Sun) 20:07 | EDIT | REPLY |   
menohatena
menohatena  

Re: フリージアさん

こんにちはe-68
少しでもヒントになれてうれしいです!また、続編も書く予定をしていますので、遊びに来てくださいね。
頑張ってください☆

2019/03/05 (Tue) 14:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment