乱視表の聞き方

乱視表
乱視表・原本
  これを使って乱視を聞きます

乱視表は濃い・薄い・同じ

これを聞くのが基本

他と比べて濃く見えるところはどこですか?


はじめは
患者さんも乱視検査ははじめてで

ん?なに?何を聞かれてるの?


って感じになるときもあると思います

そんな時は

大丈夫ですよ
ちょっとレンズ入れてみますね
レンズ入れたら
少し見え方が
変わっていくので・・・


そう説明しながら

レフ値の軸の位置にC-0.5Dを入れます

乱視レンズを入れていくと
患者さんも

あー。なんかちょっとさっきより縦がちょっと濃い感じがするわ


とか、答えてくれるときもあります

    

他と比べて濃く見えるところはどこですか?

細くてハッキリ見えるところはどこですか?←濃い

点点は見えてますか?   はい
   点点がちょっとつながりかけて、線に近く見えるのはどこですか?←濃い

点点がたくさん、プツプツプツーって見えるのは縦ですか?横ですか?←薄い

患者さんが

あ。んー・・・ちょっと縦が濃いような・・・



そう答えだしたら

そうです!そうです!
そんな感じで、ちょっとだけ
濃いかなーとか思うところがあれば
教えてくださいね



すかさず
患者さんの答えが合っていることを伝えます

答えを引き出すために
励まして褒める感じ←大人に失礼な言い方ですが・・・

はじめは
濃い・薄い
ざっくり聞いて
ソロソロ中和?逆転?
って感じのときに
点点の見え方を細かく聞いてます

乱視は
S面が正しく入っていて
患者さんが答えてくれないと
なかなか測ることが難しい検査です

何回も何回も測って
S面調整や乱視の聞き方など
試行錯誤で身体で覚える感じなかぁー

こればっかりは
職人ワザだと私は思ってます

職人ワザ・・・

・・・なので

簡単なものから
少しずつステップアップしていかないと
いきなり難しいものを作ろうとしても
失敗したり、頭がごちゃごちゃになってしまいます


まずは

視力が出る
コンタクト目的の人
大人で聞きやすそう
乱視も少ない

そんな人からチャレンジしてみましょう!
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment