乱視と雲霧量⑤

乱視を聞き終わったあとに
確認していることがあります

パート③パート④のように

雲霧量が変かな?


そう、途中で気づけばいいけど、気づかずにそのまま

乱視聞けた!

と思ってしまうこともあります

雲霧が足らなかったときに多い気がしますが。

乱視の理想
乱視1
こうなってるのを

乱視2
後焦線を網膜の中に入れて

乱視3
前焦線を近づけていく

乱視4

だけど
雲霧が足らなかったとき

乱視5
雲霧してこの状態なので

乱視を聞いて
中和の答えになったときの
目の状態は
乱視7
こんな感じ

最小錯乱円が網膜にのって
中和の答えになっているんです


なのでそこでもう1度
S+0.5D入れて雲霧する

そうすると
後焦線が網膜にのる濃いところが出てくる
乱視8

もう1度中和→逆転まで聞く

乱視測定、終了となります

雲霧量が少ない可能性をなくすために
最後にS+0.5D入れて確認することを
おすすめします

S+0.5D入れたとき
雲霧量があっていて
乱視のキチンと聞けていれば
ただボヤけるだけなので

さっきよりボヤけたけど濃さは全部同じ


となります

乱視は雲霧がポイント

多くても少なくても乱視は正確に聞くことができません

雲霧量は・・・
測りながら前焦線、後焦線、最小錯乱円を想像することが大事です

想像と患者さんの答えがあっているか
考えながら測ってみてください

むずかしっ
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment