乱視と雲霧量②

乱視と雲霧量①で書いた方法

最高視力だす→雲霧→乱視測る

この方法を
今の病院で検査員さんに教えていて思ったのですが
S 面で最高視力だす
→雲霧する
→乱視表聞く

・・・・て、けっこう時間かかりませんか?

乱視表を聞くのにも時間がかかるのに
S 面のベストを出して・・・ってしてたら
乱視表にたどり着いたころには
患者さんも検査員も疲れてしまっている場合も・・・(T_T)

なので
視力が1.0くらい出そうな人は0.7まで見えたら

0.5D か0.75D 雲霧できていると想定していきなり乱視表を聞いてしまおう!


という作戦に切り替えました

チャレンジできるのは
矯正視力が(1.0)見えてる人で
乱視も−1.5Dか−2.0Dまでの人
です

0.5D 雲霧してるとするか
0.75D 雲霧してるとするかは
その時の視力の出具合で決めます

S面だけで
スラスラ0.7見えて
0.8くらいまで見えそうな勢いだったときは
0.5D 雲霧と考えて C 面は―1.0D まで入れれる

ゆっくりどうにか0.7が見えたときは
0.75D 雲霧と考えて C-1.50D まで入れる

どちらも目標とした乱視まで入れたけど逆転しない
そんな時は
さらにS面+0.5D 雲霧して乱視を聞きます(追加で雲霧します)

追加で雲霧した量は0.5Dなので
入れることができる乱視は
あと−1.0Dです

例えば・・・
矯正視力(1.2)

よーし!乱視にチャレンジ!

レフを見ると
S +1.0D:C−0.75D Ax90°

乱視も少ないし、頑張れば聞けるかも

まずはS面

レフの1.5Dプラスから始めて・・・
↑私の病院はS面のスタートはレフ+1.5Dにしてます

S +2.5D 視力0.2
S +2.0D 視力0.5
S +1.75D 視力0.7

よし!乱視表!

0.7わりとスラスラ読めたので
雲霧量0.5Dとしよう

入れれる乱視は−1.0Dまでと心に決める

S +1.75D : C−0.5D Ax90° 横が濃い
S +1.75D : C−1.0D Ax90° 縦が濃い←逆転
S +1.75D : C−0.75D Ax90° まだ縦が濃い←逆転

S +1.75D : C−0.5D Ax90° 横が少し濃い

中和はないけど
この場合
S +1.75D : C−0.5D Ax90° で決定
逆転の1つ手前の乱視を採用します

次の症例
矯正視力は(1.2)

よし、いけそう

レフは
S +2.0D : C−2.0D Ax180°

ちょっと乱視多い?
頑張ってチャレンジ!

まずはS面から
レフのS面+1.5Dなので
S +3.5Dからスタート

S +3.5D 視力0.2
S +3.25D 視力0.4
S +3.00D 視力0.6
S +2.75D 視力0.6

乱視も多いし、このくらいがS面のベストかな
S +3.00D 視力0.6
S +2.75D 視力0.6なので

S +3.0Dからスタート

雲霧量は0.75Dと想定

ってとは・・・

乱視は−1.5Dまで入れることができると想定

S +3.00D : C−0.5D Ax180°縦が濃い
S +3.00D : C−1.0D Ax180° 縦が濃い
S +3.00D : C−1.5D Ax180° 同じくらい
S +3.50D : C−2.0D Ax180° まだ同じくらいの濃さ
  ↑ここで想定の乱視を超えたのでS面を0.5D up

S +3.50D : C−2.5D Ax180° あ!なんかちょっと横が線みたいにみえる←逆転

S +3.50D : C−2.25D Ax180° まだ横が濃い
S +3.50D : C−2.00D Ax180° ちょっと横が濃い

S +3.50D : C−1.75D Ax180° 全部同じ濃さ←中和

こんな感じです


初診の人でもメガネやコンタクトで
視力がよく見えるのがわかっている人なら同じ方法で大丈夫です

まずは視力が確実にでる人の乱視を聞くことからチャレンジしてみて
中和、逆転の感覚、S面の動かし方の感覚をつかむことが大切

練習あるのみです

逆転がわかりにくい場合は
中和したところで終了しましょう
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment