乱視と雲霧量①

乱視を測るときの雲霧量は?

乱視は
S 面で最高視力を出してから
雲霧をして乱視を測るのが基本の考え方


図にしてみるとこんな感じ
最小錯乱円を網膜にのせる/S面での最高視力を出す
乱視1

予想する乱視の半分量を雲霧する(S面を+方向に動かす)
乱視2

乱視を聞いて・・・・前焦線を後焦線に近づける
乱視3

前焦線と後焦線が重なった!!
乱視4

    

雲霧量は
自分が想像する乱視量の半量です

乱視を―1.0D と思うならS面ベストから0.5D 雲霧
−3.0D と思うなら1.5D 雲霧

こんな感じ

けど、この方法
乱視が―1.5D くらいまでの人には有効ですが
乱視が大きい人に雲霧すると

乱視表がぼやけて見えない!

と言われてしまうので、実践には少し不向きです・・・

乱視が−3.0Dの人に
1.5D雲霧した状態から
乱視を測ろうとすると

ボヤボヤでなんも見えへんわ!


そう言われてしまうことがあるのです

そこで、実際は・・・
乱視表が見えそうなくらいの雲霧量は・・・・?というと
0.5D か0.75D くらいかなと思う

乱視は―1.0D から―1.5D まで入れれる計算になる

まとめると・・・

自分の頭のなかで
今〇D 雲霧してるはずだから、〇D まで乱視を入れれる!と
いうことがわかっていることが大切です


私の場合
S 面ベストから0.5D 雲霧→乱視は―1.0D まで入れれる
→乱視を―1.25D にするときに S 面を0.5D 雲霧するという
やり方をしています

−0.75D雲霧したら-1.5D まで乱視を入れることができるので
C 面を―1.75D にするときにさらに雲霧をかけます

0.5D雲霧か0.75D雲霧している想定で
乱視を測る場合が多いです

この話題、少し続きます
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment