弱視治療メガネの保険適用

斜視弱視の可能性があるから
メガネかけて治療することが必要

そう判断されたとき
眼科医が意見書を発行してくれたら
治療に必要ということで
保険適用になります

治療をしていく中で
目の度数が変わったり
目の幅(PD)や顔のサイズが変化したり
イロイロな要素も加わって
メガネは1度作れば終わり、じゃなくて
何回か作り変える必要があります

作り変えるタイミングはいつか?

これは
この子供によってイロイロ

基本的には(教科書的には?)

1年に1度は調節麻痺効果のある点眼を使って
目の度数と目の幅(PD)を確認
必要であれば度数を交換する


だいたいの参考書にこう書かれてます

そう

治療計画的には
1年から2年に1度
メガネを交換する必要が出てきます




保険適用の話です
小児弱視等の治療用眼鏡等に係る療養費の支給について・日本眼科学会
治療用眼鏡等の療養費支給申請について・日本視能訓練士協会
小児の弱視等における治療用眼鏡・コンタクトレンズに関する療養費の支給について・日本小児眼科学会

保険適用になるのは
5歳未満、4歳までは1年に1回
5歳以上は2年に1回


そう

5歳以上は2年に1度なんです

※自治体や健保会社、個人により多少変化はあるようですが、基本的には4歳で1度メガネを作った子どもが、次に保険適用を使えるのは6歳のときです。

なお再給付につきましては、5歳未満では前回の給付から1年以上後であること、5歳以上では前回の給付から2年以上後であることとなっております


引用|日本眼科学会・小児弱視等の治療用眼鏡等に係る療養費の支給について


平成18年4月から始まったこの制度

昔は
全て実費で何回も買ってもらってた
高額な弱視治療用のメガネ


あいぱっちクラブの皆さんが
中心になってネット署名をしてくださり
保険が適用されるとなったとき

ほんとうによかった!


そう思いました

そう

とってもいいことです

当時は

メガネが保険扱いになるんですか?すごい!


お母さんも喜ばれました

時代は変わり・・・
弱視治療メガネの
保険適用が当たり前に
なってきた、ということでしょうか?


今回のメガネは保険使えますか?


そう聞かれることも増えてきました

・・・

どーして2年に1回しか適用にならないの??

そう思いませんか?

イロイロ難しい壁や問題があるんでしょうね

でも

今メガネ変えてほしい!そう思っても

実費は、ちょっとしんどい。
次の保険適用になるまで今のメガネではダメですか?


そんな雰囲気全開に感じる時があります・・・

治療か
保険制度か・・・

なんで2年に1回やねん

モンモンとしてしまうのです
イラスト(28)

何回でも適用されるとなれば
ムダに作る場合も考えられるからでしょうね

思うに・・・

◯年に1度と決めるのではなくて

メガネを作ることができる回数は
5歳未満は5回まで
5歳以上は3回まで


とか

治療開始時期と
メガネを作ることができる回数を
決めてくれた方が
めっちゃスムーズ!


そう願ってしまうのです
イラスト10

じゃぁ、必要なときに
キッチリとメガネ度数交換できるのになぁー

弱視治療メガネは回数制で!

誰か実現してくれないかなぁー。。。

1人の視能訓練士のボヤきでした

    

余談ですが
保険が適用されない場合でも
年末の高額医療で治療費として
申請できますので
メガネの領収書は
大事にとっておいた方がいいと思います
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment