間欠性外斜視は自分で戻せるなら戻した方がいい

子供の間欠性外斜視

片方の目が外にズレたり
まっすぐ前を向いたりする症状

外斜視
参照|近畿大学医学部眼科学教室・専門外来・斜視弱視

外にズレたら
まばたきとか
片目をつむったりすると
まっすぐになることもある

今日きた
小1の男の子のお母さん

小さいときから、目がズレる感じがしてたんです 。朝起きたてのときによくズレるかな。ズレたら「目を1回つむってー」と言うとズレが治るんです


ちゃんと自分でまっすぐに治すことができるんですね

えらいっ


そうですね
ズレたら、まばたきするか1回目をつむる(閉じる)ように声をかけてズレを治して下さいね



あ!!
やっぱりズレたままにしておくより
治すように言った方がいいんですか?



そう言われた

そうです
そうです


間欠性外斜視は
ズレたら放っておくのではなくて

ズレてるよ
お目めパチパチして


そう教えてあげて
ズレを戻すくせをつけておいた方がいいんです

少し大きくなってきたら
自分でズレる感覚がわかるようになる子もいるけど
小さいうちは
周りの大人が

ズレたら戻しやー


そう言って教えてあげて欲しいのです

ズレてても
まぁいっかー
そのままにすると
子供は自分でズレてることに
気がつきません


ズレてても
まっすぐでも
どっちでもいいかー
と脳が判断して
外斜視になる頻度が増えてくる可能性もあるのです

なので

ズレてるで
パチパチして
まっすぐに戻しやー


パチパチ

目がまっすぐになったら

あ!
戻ったで
すごいやん!
よかったな♪


ほめる

間欠性外斜視は
外斜視の頻度が増えてきたら
ずーっと外斜視になってしまって
見た目が気になれば
手術も必要と言う場合もある

少しでも
外斜視の頻度が増えないように
ママ&パパ、おじいちゃん、おばあちゃんが

目が外にズレてるよ



そう教えてあげて欲しいなと思うのです

声かけしたからと言って
恒常性外斜視にならない・手術が必要なくなるという訳ではありません

あくまで

目線がズレたとき
放置するのではなく
外ズレに気づいたら
教えてあげて欲しい
と言うことです
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment