母乳神話にとらわれてはいけない

なんとなくネット見てて見つけた記事

母乳神話にとらわれて…。一人でがんばってしまった結果の大失敗|赤すぐみんなの体験談

母乳育児を頑張ってたのに
1ヵ月検診で体重を測ってもらったら体重が減っていたという記事

わかる

めっちゃわかる、この気持ち


スマホの検索窓に「母乳 足りているか」と打ち込むと、出てくる文章は

『とにかく頻回授乳。ミルクを足すと満腹しすぎて飲まなくなり、母乳が出なくなる』

『体重の増加はゆるやかで大丈夫。増えないからと安易にミルクを足さないで』

『赤ちゃんの体重を頻繁に計ってストレスを溜めてはダメ。必ず出るようになるから、とにかく吸わせて』

というもの。

出なくなる、と言われると、怖くてミルクを足せなくなりました。


引用:母乳神話にとらわれて…。一人でがんばってしまった結果の大失敗|赤すぐみんなの体験談

そう。そうなんです

母乳で頑張りたい

というか

周りもみんな母乳母乳っていうし
ミルクで育てるより母乳で育てたい

そんな気持ちとは裏腹に
お乳はあんまり出てるっていう感覚がない・・・

そんなときミルクを足した方がいいのかなという思いが
いつも頭の中をグルグルグル

私は初めての赤ちゃん(たっくん)のときは
生後1ヵ月までは用事がない限りあんまり外出しなかったから
情報はもっぱらネット検索

お乳の量を増やす
母乳育児・完全母乳
さし乳・・・・・

授乳しながらネット検索しまくりました

赤ちゃんの顔を見るよりスマホを見てる時間の方が長かったと思う

検索するとお乳でなくなるやんっと思ってしまう情報がたくさんあります

ミルクを足すと母乳量が減る
哺乳瓶の乳首は楽チンに吸えるから、赤ちゃんが哺乳瓶のほうがよくなってお乳をのまなくなる   などなど・・・

結果

完母になるには頻回授乳で頑張るしかないとなってしまうのです


離乳食が始まるや否やしっかり食べるようになり、1歳を迎える頃には成長曲線ど真ん中に追い上げるほど大きくなってくれたた


引用:母乳神話にとらわれて…。一人でがんばってしまった結果の大失敗|赤すぐみんなの体験談

たっくんもまさにそのとおり

1ヵ月検診では生下時体重+300gしか増えず
その後も発達曲線をはみだしながら発達曲線に沿って成長

離乳食を5ヵ月からはじめたら
モリモリたべて生後1年くらで発達曲線の中に入りました

まぁ、今も体重は曲線の下ギリギリくらいなので
もともと細いタイプかもしれないけど
生後1ヵ月のときはやっぱりお乳の量が足りてなかったんだろうな
今は思います

体重が増えない+頻回授乳に
私はストレスを感じてそのストレスでまたお乳が出にくくなる・・・

でもお乳で育てたい

まさに、悪循環・・・

イラスト(26)

産む前に周りから母乳の話を聞くと
楽にお乳で育てれるように思うかもしれないけど大間違い

よく考えたら

私、お乳でなくてすごく苦労したのなんて話を
周りに自分からいう人なんてあんまりいないんじゃないかな・・・

けどみんなイロイロ母乳には悩みがあるハズだと思う

量は出てても形で悩んだり
お乳トラブルで悩んだり・・・

なので私は

お乳は産んだら出るもんだ
ママになればお乳で育てることができる


そんな想いは捨てて母乳育児がどんなものか理解しておいた方がいいと思う

気になるなら退院後はスケールを借りて

赤ちゃんの体重管理をして母乳育児をするのも1つの方法です

スケールを借りても1日何回も測るのはダメ

私はたっくんのとき測りすぎてしまいました・・・

体重チェックは1日1回で十分

  

頑張りすぎないことが育児には大切なことかなーと思うのです
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment