白内障手術して、見えてるんだけど、視力検査で見えない

最近白内障手術したGさん

86歳

身体が少し不自由で車椅子に乗っている
眼圧検査やオートレフ検査の時は
後ろから背中と頭を押してあげる、など介助が必要

私の病院では
白内障の手術をした後
しばらくの間、視力検査は自覚的に乱視を聞く
(=乱視表やクロスシリンダーを使って乱視の検査をする)ので
視力検査に時間がかかるんです

Gさん
視力検査をすると
体力的に、途中で疲れてくるみたい

「頑張るよ」
「手術してもらってよく見えるようになってるんだからっ」


そう言いながら、必死に検査をしてくれるんだけど
視力がどうしても(0.3)までしか出ない

視力検査が終わると
Gさんは疲労こんぱい(>_<)

視力検査が終わって
「待合室で待っててね~」
そう言いながらGさんの車椅子を押していると
Gさんが
「ほんとは、もっと見えてるんだけどね~」
「普段は、ものすごくハッキリ見えてるの」
「でも、視力検査をすると、見えないのよね~」
「おかしいわね~(-_-;)」

「ごめんなさいね・・・」
とつぶやいた

自分がもっと見えていることを
視力検査で証明したいのに
疲れ果てて、視力が出なくなってしまう自分に
もどかしさを感じているようなGさんでした

いえいえ

こちらこそ、毎回視力検査をして
疲れさせてしまってごめんなさい
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment