心因性視力障害⑤-症例-

最近は心因性障害について思いつくまま書いてます

今日は「こんな時も心因性視力障害になる

今まで書いてきた記事の心因性視力障害①-原因-
原因は環境の変化とか習いごとである場合が多いと書きました

でも

学校で、友達の手が目に当たった

こんな場合も心因性になるときがある

目に何かが当たった時です

ボール
チョーク
鉛筆
筆箱
上靴

・・・・

学校にはいっぱハプニングがあります

目がボコッと腫れている場合は別ですが

目に当たったといっても

反射神経で目を閉じたり
まぶたに当たって
実際に目当たってない場合もある

でも

やっぱり心配

学校の先生が連れてきてくれたり
両親が学校から帰ってきた子供の話を聞いて
眼科に連れてきたりする

そのとき

すんなり視力が出てくれればいいんだけど

「当たった」方の裸眼視力が出にくくて
近視や遠視、乱視はほとんどない・・・・
こんな場合がある

そして視力を測ってみると
当たってない方の目はスラスラ1.2見えるのに
当たった方の目は見にくい

裸眼視力が0.3とか・・・・

こんな場合は、心因性の可能性が大きいかな、と思います

当たったという心理的ストレスや不安から
見にくくなる
んです

この場合も方法は
心因性視力障害②
心因性視力障害③
心因性視力障害④

で書いた方法で検査します

視力検査って、本人の答えをもとに
測る検査なので
本人の気持ち・やる気・ストレス・不安などが
素直に検査結果に反映されてしまうところが
やりがいでもあり
不安要素でもあるんですよね

ちなみに

今回紹介したような
なにかハプニングがあって見にくい、というケースは
一時的に心因性視力障害になるけど、すぐに症状がなくなる場合が
多いような気がします
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment