遠近両用コンタクトレンズはどうして付加度数が少ないものから試すのか?

遠近両用のソフトコンタクトレンズの合わせ方①
遠近両用のソフトコンタクトレンズの合わせ方②

最近、遠近両用コンタクトの合せ方について、私なりの考えを書いてみました
遠近両用のソフトコンタクトレンズの合わせ方②
はじめに入れるテストレンズは一番付加度数が少ないものから入れてみる、と書いてます

これは

どの年齢でも、そうしてます

50歳でも?

50歳なら、老眼も進んでるし、はじめから付加度数が多い方を入れた方がいいんじゃない?

そういう意見もあると思うし
実際、年齢で第1チョイスの付加度数を決めている施設もあると思う

でも・・・・・

私の意見ですが

付加度数を変えても、あんまり見え方が変わらない場合も多い

むしろ

付加を上げると、見にくいと感じる場合もある

そう思うんです

直径14.2mmというレンズの中に
遠くの度数も近くの度数も入ってるんですもんね

遠近両用のコンタクトの度数の入り方は
メーカーやコンタクトの種類によって、イロイロです

http://blog-imgs-92.fc2.com/m/e/n/menokensa/ac_rougan-kaizen_04_02_img-3.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-92.fc2.com/m/e/n/menokensa/ac_rougan-kaizen_04_02_img-3.png" alt="ac_rougan-kaizen_04_02_img-3.png" border="0" width="568" height="178" /></a>">ac_rougan-kaizen_04_02_img-3.png
クーパーサイトより

遠くと近くの度数に差があればあるほど
見え方は悪くなって、にじみが出てきます


なので

まずは遠くと近くの度数の差が少ない=付加度数が少ないレンズ
お試しで入れてみて
近くの見え方に不満がある場合は、付加度数を上げるか
効き目でない目の遠くの度数を1~2段階プラス寄りにする


テストレンズを何回も入れ替えないとダメな場合もありますが
私はこの方法で合せてます

関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment