片眼失明している人は、身体障害者手帳をとれるか?

視覚障害者手帳

眼科では見にくい人や、視野が狭い人が申請する

でも・・・・
自分は手帳を取れるんだ、と勘違いしている人も。

「右目、義眼なんです」
「だから、身体障害者手帳、とれますよね?」

こんな場合

片方の目が義眼

それだけでは手帳はとれない

義眼でない方の眼(←いい方の目)の視力が(0.6)以下でないと
手帳は、取れないんです

(0.6)は眼鏡で矯正して(0.6)ってこと

裸眼視力が0.6以下ではありません

なので・・・・・
普段、眼鏡を使っていなくて視力が0.1の人

眼科で手帳の申請用紙を書いてもらおうと
眼科受診

眼科でレンズを入れて視力を測ると(0.7)

そんな人は
身体障害者手帳は取れない

あなたの目の力は(0.7)あるのだから
まずメガネを使ってください、ということになる

片方の眼が義眼でも
もう片方の眼の視力がよく出ていれば
身体障害者手帳は、取れない


一般の人の感覚になれば
片方の目が失明しているんだから
障害者じゃないの・・・?

そう思う気持ちもわかりますが
法律では障害者ではない、となるのです

参考サイト
神奈川県網膜色素変性症協会
障害年金の相談申請サポート|東京都障害者年金の無料相談
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment