弱視は見つかけにくい

3~6歳の小さい子供の中に

弱視 といって

視力が上手に発達できていない子供がいる

まったく見えないわけではなくて

ピンボケの状態で見ている感じ

産まれたときから、ピンボケの状態なので

子供から「見にくい」と言ってくることは、ないから、親も気が付きにくい

ピンボケだけど

アリさんも、飛行機も見つけることができるんだもの

今日来た男の子

おねぇちゃんが弱視で通ってくれてて

弟も4歳になったし、念のため診てもらおうかな、とお母さんが思ってくれた

話を聞くと

3歳半検診はクリアしてる

普段の生活も、特に・・・・気になることはない、と

おねぇちゃんが弱視治療をしているから

「弱視って何?」というレベルのお母さんでななく
「小さい子供は弱視になっている可能性もあるんだ」とわかって、わが子を見ているお母さん

そんな母目線で見てくれて、とくに、問題はない様子

  なるほどー
  おねぇちゃんが弱視でも、弟君も弱視とは限らへんからねー

そう言いながら

レフを測定

・・・・・・・・・



レフ、両目ともS+5.0D・・・・出るやん

弟君も、弱視治療、決定です

弱視のことを理解してくれている
お母さんでも、わかりにくいものなんですね・・・・

そうですよね

なので

4~6歳の間に、きちんと眼科で視力を測っておいた方がいいです

3歳半検診で何も言われなくても
弱視だった、って子供さんはたくさんいる
ので
眼科で視力を測ることが私のおススメ

ちょっと目が赤いな、そう思って眼科に行ったときに
ついでに(?)視力検査をしてもらってくださいね
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment