アンファンさん、ありがとうございます

視力が上手に発達できていない「弱視」であることがわかって
メガネを作ってきた男の子

アンファンさんで作ったそうです

やっぱり、アンファンのメガネ、しっかり合わせてくれるなぁー

そう思いながらメガネチェック

お母さんに聞いた話ですが

メガネを作ったとき
アンファンのスタッフの方が

・メガネの取り扱い方法
・どんなときにメガネを外すか(弱視の子供さんは、お昼寝やプールの時以外はずっとかけます)

その他、子供のメガネのことを書いた説明書をくれた
そうです

その紙を、新年度の担任の先生に渡すことができたので、とっても助かった、って。

確かに

弱視の治療をしてる子供さんって

担任の先生が変われば

新しい先生に

  運動のときは、危ないので眼鏡を外しますか?
  お昼寝のときは?
  
などなど、メガネの扱い方を聞かれるそうです

弱視のことを理解してくれている先生ならラッキーなのですが

先生もイロイロ・・・・

弱視の子供を受け持つのが初めて、という

担任の先生になると

結構細かいことを聞かれて

担任の先生が変わるたびに同じ説明を繰り返さないといけないようです

そんなとき

メガネ店から説明書をくれたら、助かりますよね

そんな細かい気配り、素敵

見習わなくては・・・・と思いました


オグラ眼鏡店・こどもメガネ アンファンのサイト
http://www.ogura-megane.co.jp/enfant/
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment