斜視弱視治療用の眼鏡

3歳くらいから斜視や弱視の治療用として使うめがね

うまれつき、遠視や乱視、斜視があって
自分だけの力では、見る力を上手に発達させることができない
子供さんには、めがねをかけて治療することがある

自分の力だけでは
網膜(目のフィルム)にピントを合わすことができなくて
ピンボケの像が写ったままになってるんだけど
メガネの力を借りて、ピントを合わす

網膜(目のフィルム)にきれいな像が写ることで
刺激が脳にいって
見る力がドンドン発達していく

弱視の治療は、簡単にいうと、こんな感じ・・・かな

なので

目のフィルムにきちんと
「きれいな像、届けー
刺激を与えることが、かなり重要

子供は、眼鏡がすこしくらいズレテても、平気

でも

「この度数で刺激したい!」という度数を
弱視のメガネ処方のときに決めるので
眼鏡をしっかり、きちんとズレズにかけてほしい


そう、思うのが、私たちの想い

子供は、顔の形がまだまだ未熟で
鼻が低いし、耳の位置と鼻の位置も
大人と比べて未発達

なので、メガネ選びがポイントなんです

私が知っているメガネ店だと
オグラ眼鏡(アンファン)
KOOKI(増永眼鏡)
名古屋眼鏡(トマトグラッシーズ)

こんな感じかなぁ~

子供専用のメガネフレームで
ずれにくく、また、眼鏡士さんがしっかり合わせてくれます

気持ちいいくらい、ぴったり合わせてくれます

メガネを作るときの顔の計測も丁寧にしてくれているようです

地域によってイロイロメガネ店はあると思いますので
弱視治療を始めるときは
信頼できる、安心できるメガネ店をぜひ見つけてくださいね



関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment