まぶたの挙げかた-②

眼圧を測るとき

レフを測るとき

診察の介助で・・・

眼科で働いてると、
患者さんのまぶたを挙げる」ときが多い

簡単そうに見えるけど

人のまぶたを挙げるのは意外と難しい


↓こんな感じで挙げてる人
1273105079.jpg


これは、ダメ

まぶたをただ上に引っ張りあげてるだけ

年配の人にすると、ただまぶたの皮が引っ張られただけで、全然目が開いてませんけど(¨;?ってことも・・・・(笑)

まぶたを挙げる目的は?

目を大きく開けることで、まつげが邪魔になって眼圧やレフの値がが正しくでないってことがないようにすること

↓こんな感じで、挙げる
1273105080.jpg

①まぶたではなく、まつげの生え際あたりに親指か人差し指をおく

②眼の玉の形(円い形)に沿って上に指を動かすまぶたではなくて、眼球に沿って挙げる

③眉毛の骨に当たったら、そこでストップ!


これで、目は大きく開くはず

写真を見比べても、白目がよく見えて、目が大きく空いてる(^_^)


目を開けなきゃって必死になってグイグイまぶたを上に挙げると
患者さんが涙出たりして、余計に測りにくくなります


下まぶたも同じ

下にビェーと引っ張ると、下まぶたがひっくり返って赤い部分が見えてしまう
1273105081.jpg

これも

①下まつげあたりに、指を置く(強く押さなくても大丈夫)

②目の玉の形に沿って指を動かす

③頬骨に指が当たれば、そこでストップ

1273105082.jpg

こうすると、赤いところも見えないし、患者さんの負担もマシになるハズ・・・・かな(#^.^#
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment