視野検査の姿勢

ハンフリー視野検査
暗い部屋で、光りが光ったな?と思ったら患者さんにボタンを押してもらう、あの検査
検査は機械が勝手に(自動で)する
検査の人がすることは
1.検査の説明
2.入れるレンズを決める


こんな感じ

だけど

患者さんの姿勢って気にしてますか?
ハンフリーは右目を測るときは左の顎台に
左目を測るときは右の顎台に
顎をのせる
測る目によって顎台の位置が変わる

ということは・・・

右目が終わったあと
患者さんの椅子を少し右に寄せないと
姿勢がまっすぐにならない


逆に
前に検査した人が左目を測ったまま
椅子の位置がそのままだったら・・・?

右目を検査するとき
椅子を少し左に寄せないと、ダメ

前に検査した人が椅子をどの位置にしてるか
そんなことわかないので

検査するときは、毎回
自分が患者さんを後ろからみて
姿勢がまっすぐになっているか、確かめましょう

1325811698.jpg
↑背中と首、頭が真っすぐじゃないとダメです

姿勢がよくわからないときは、患者さんに聞いてみることも必要

「姿勢は大丈夫ですか?」
「もうちょっと左の方が楽、とか、右の方が楽、とかないですか?」
と。
関連記事
\Follow me/

2 Comments

menohatena  

ハンフリー、miurinさん

こんにちは

ハンフリー
見守りだけで大丈夫なときは
私は
「あと半分くらいで終わりですよ」
「あと3分の1くらいで終わりですよ」
「もう少しで終わりです」
など
終わりまでの時間をお伝えしてます

そのとき
半分ですよと言うときは
本当に半分くらいではなくて
半分と少し進んでから
半分ですよ、とつたえてます

ハンフリーって
自分で体験してみてもわかるように
最後の方は疲れてきます(笑)
もう終わるかな、と思ってきてしまいます・・・

最後の方は同じ1分でも
体感は1分以上に感じると思います

なので
あとどれくらいか
検査の進み具合をお伝えするようにしています☆

2017/08/25 (Fri) 15:25 | EDIT | REPLY |   
menohatena  

Re: 視野検査・miurinさん

おはようございます☀
2分に1度と決まったんですね
そうですね。
2分に1度、ファーストパックなら2回くらいの声かけくらいかな?
私の病院は基本、まぶたは全員テープであげるとこにしてます
テープであげてるためか
光を見逃さないようにという心理が働くからか
まばたきの回数が減って
涙がジワッと出てきてしまう人も多いです

なので

「まばたきは、普通にしてもらっていいですよ」
「もし、間違えて押しても、機械がまた同じ位置に光を出して確認してくれますので
楽にして検査を受けてくださいね」と
リラックス?を促す声かけをすることでしょうか?

ハンフリー、苦手な患者さんも多くて
検査するときもどうしたら正確な結果がでるか
患者さんも検査員も必死になりますよね



2017/08/26 (Sat) 09:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment