ハンフリーの時のテープの貼り方

昨日
検査のときのまぶたの挙げ方を書いたので

今日は
視野検査(ハンフリーなど)の時
まぶたに貼るテープの貼りかた
について

方法はよく似ています

ポイントは2つ
・まつげの際を挙げる
・眉毛の骨に向かって挙げる


まず、患者さんに少し下を向いてもらって
上まぶたを少し引き上げる

そして、まつ毛の際はどこかな?まつ毛の際を確認
DSC_0266.jpg

そして、上まぶたを少し引き挙げている、そのままの状態でテープをまつ毛の際に貼る
DSC_0267.jpg

次に、テープを引き挙げるて、固定する
DSC_0277.jpg

ポイントは
テープを貼った状態でも、患者さんがまばたきできる程度に引き挙げる
テープ貼って目を閉じることができるくらいに
DSC_0274.jpg


まぶた、しっかり挙げないと、と張り切りすぎると
患者さんはまばたきができなくなって、涙がボロボロでて、検査が上手くできません

目を閉じて、この状態はダメ(ちょっと極端すぎ!?
DSC_0278.jpg


逆に、テープを貼っても
なんの意味もないやん・・・・って貼り方も、ダメ

これでは、テープを貼っているときと、貼っていないときの目の大きさが同じです・・・・
DSC_0265.jpg


あとは

意識して、練習あるのみ!!

関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment