最小錯乱円

昨日前焦線と後焦線前焦線と後焦線のお話しをしました

もう一つ

最小錯乱円って??

最小錯乱円は
前焦線と後焦線の間にできる円のことです

前焦線と後焦線のちょうど間にできます

目の状態でいうと「最小錯乱円」
レンズの状態でいうと「等価球面値」

14560120290.jpeg

この状態だと
14560144420.jpeg
後焦線がS+2.0Dで前焦線がS+1.0D
最小錯乱円は、+1.0Dと+2.0Dの間の+1.5D

レンズで考えると
S+2.0D:C-1.0 DAx??の

等価球面値は
乱視量(-1.0D)の半分の量(-0.5D)を後焦線S+2.0Dに足した
S+1.5D

こうなります

また練習してみてくださいね

ボチボチですが

この問題の例題は
ブログでも書いていこうと思います(^∇^)ノ

関連記事
\Follow me/

4 Comments

ろじこ  

どうにもイメージが掴めませんが…
 
いや、描かれている事は脳が理解をしているのですがイメージとして描く事が難しいですね。

どんどん色々教えて下さいね (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

2016/02/23 (Tue) 23:54 | EDIT | REPLY |   
menohatena  

Re: タイトルなし

やっぱりわかりにくいですか~i-195
もう少し考えて、もう一度書きますね。すみません・・・・
練習問題も考えてみますi-179

2016/02/24 (Wed) 12:17 | EDIT | REPLY |   
ろじこ  

違うんです~!!

私のイメージ能力が低いだけなんです!!

プラスについては解るのですが、マイナスのイメージが出来ないのです。

算数苦手なタイプなので…  (+_+)

でも…練習問題は嬉しいかもです。
計算ドリルって感じですよね (*^_^*)

2016/02/24 (Wed) 19:45 | EDIT | REPLY |   
menohatena  

Re: タイトルなし

そうです、そうです✨
これは、とりあえず経験、数をこなして、身体で覚えるしかないので。考えるより、数こなす、です(笑)
すぐに、、、はちょっとムリかもですが、少しずつ書けたら書いていきたいなーと思ってます

2016/02/24 (Wed) 21:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment