子供の習いごとに対する想い

子供の習いごと

最近ちょっと悩んでる

今、たっくんはスイミングと
保育所でしてくれる体操を習っている

小学校に行くから
保育所の体操は卒業

スイミングはとりあえず、続行

ただ・・・・

たっくんはどっちかというと
虫を探したり、図鑑読んだり
自分でマイペースに何かをするほうが好き、に見える

サッカーとか野球
柔道、剣道
思いつくものはあるけど

「してみる?」とたっくんに聞いても
「しない!」と即答

だろうな

親の私から見ても
サッカーとか、楽しむタイプじゃない(笑)

私の考えだけど
小さいときは別に習いごととか
しなくてもいい

好きなことを好きなだけ
思いっきりしてほしい

小学校高学年にもなれば
想像だけど
塾へ行ったり、友達と遊んだり
それだけで精一杯になって毎日が過ぎていく気がする
(実際に自分がそうだった)

⇒続きます⇒
なので
小さい時に勉強じゃない
何か自分が没頭できる「何か」を見つけてほしいと思う

見つかればラッキーかな、と思う

仕事とか勉強とか人間関係とか
そんなの関係ない時期に
・没頭できたもの
・することで自分がスカッとしたもの


それは

大きくなって
社会に出て、ストレスに負けそうになったとき
ストレスを発散できるアイテムだと思うから

私自身は「水」だった

決して水泳が上手とかタイムが早いとか
そんなことなかったけど
一番長く続いた習いごとだし
何より水の中に潜ると安心した

なので

大人になった今
海に潜ったり、プールで泳いだりするとスカッとする

特にスキンダイビングは。(子供が出来てからは遠のいてるけど(´・_・`))

あの、水の中にいるポコポコという音がたまらんのです

スキューバーダイビングではなくてスキンダイビングの方が好きなのも
水の音が好きだからかもしれない

いっぱい書いてしまったけど

・・・要は

大人になってストレスを開放できる「何か」「方法」を
小さい今のうちに見つかればいいのになーと思うわけです


お酒やたばこでは
一瞬開放されたと思っても
本当の意味では開放されないですからね

仕事で行き詰ったとき
うまくいかなかったとき
後ろを向きたくなったとき
止まりたくなったとき

そんなときに

没頭できる何かがあれば
少しはプラスに働くのではないかと。

そして、いろな雑念が入る前の
小さい時期にキッカケが見つかればいいなーと、思った訳です

そんな訳で

たっくんに聞いてみたら

「絵」を習いたい!らしい

なるほどねー

目からウロコ

アクティブ系の私にとって
「絵」の選択はなかったわ

聞いてみるもんです(笑)

なので

一回「お絵かき教室」に見学に行ってくることになりました
関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment