発表会弱視のメガネを外す

最近は発表会の季節です

斜視弱視で視力の治療をしている子供は
メガネをかけてます

最近きたお母さん

「発表会の時には、メガネを外したほうがいいって
保育所の先生が言うんですが、どう思いますか?」
「外したほうがいいかな?」


そんな質問

少しデリケートな問題なので
絶対にどっちがいい、とは言えない質問

私の考えは・・・・

保育所の先生がなんで言うの?と思います

メガネをかけていたら、変なの?
他の子どもと違うから?

写真を撮るときに
メガネのレンズが反射して顔がキレイに写らないから、という理由も聞いたことある

どんな理由にしても
どうして保育所の先生が
「外したほうがいい」ってどうして言うの?

「外しますか?かけたまましますか?」と聞くのははいいけど
外すことをおススメはしないでください

そう思ってしまう

⇒続きます⇒
結論から言うと
発表会の間、弱視のメガネを外したからといって
たちまち、今までの治療が無駄になって
視力が落ちてしまう

そんなことはありません

なので、考え方なんです

弱視の治療は基本的には「メガネは常にかけましょう」です

メガネをかけて治療を始めた子供の中には
はじめは嫌がる子もいますが
周りの協力で「○○ちゃん、似合ってるねー」などなど
ほめたりおだてたりして
メガネをかけたら目がよくなるよ、メガネってステキなアイテムだよってことを
子供に体感させて治療を始めます

普段、メガネはかけるもの
自分にとってメガネは、なくてはならないもの
服を毎日着るように、毎日メガネをかける

そう身についた子供にとって、メガネは身体の一部

その子供に
「発表会だから、メガネ外したほうがいい」の一言は
子供のメガネを否定していることと同じじゃないかな、と思うのです

ほんとうはカッコ悪いけどメガネが必要だからかけてるんだよね
だから、写真や記念になる場面では
メガネを外して、記憶に残らないようにしたほうがいいんじゃない?

そう言いたいように感じてしまう
(日ごろ弱視治療を頑張っている子供を見ている、私の被害妄想でしょうか・・・?)

親が子供と相談して、決めるならいい

でも、保育所や幼稚園の先生が、決めないで

親はメガネかけて発表会出席さすつもりであっても
「どうします?」と聞かれれば

あーーーーーー、そういうことか

と迷いが出てしまう

子供も普段はメガネを褒められてるのに
大事なときにメガネを否定されたら、混乱する

小さいとき弱視治療頑張ったよ

そう記念に残るもの、いいんじゃないかと、私は思う

関連記事
\Follow me/

0 Comments

Leave a comment