弱視を見逃さないで

小学校入学前に来る子供で
見逃してはダメなのは「弱視」です

これは
視能訓練士である以上声を大にして言いたい

弱視の可能性がある子供をそのまま放置しないでくれー!!

子供目の視力は
産まれたときはママの顔がボンヤリ見える程度ですが
だんだんと成長して周りの人や物を見ることで
グングン視力が発達していきます

だいだい3歳半~4歳で大人と同じ1,0以上の視力になると言われています

そして
目がいろんな刺激で成長できるのは 6歳から8歳まで

これがポイントです

弱視は遠視や乱視が邪魔するので
網膜(カメラでいうフィルム)にピンボケの像が写ったまま成長してしまう

なので解像度が1.0見える目より悪いんです

遠視や乱視が邪魔して解像度が悪くなってるから
自分ではどうしようもない

それにちょっと解像度が悪くても
生まれつき見える世界はそんな感じだし
解像度がいい、はっきり見えるって意味が子供にはわからない

見えるのは見えるから
「見えてる?」と聞かれれば
「見える」と答えるし

飛行機やアリさんも見つけることができる

でも

1.0見える目よりちょっとピンボケしてる

大人でも0.5の裸眼視力で歩いている人はたくさんいるんだから
子供の世界でもちょっとピンボケなくらいへっちゃらなんです

・・・・でも

弱視がない目は
「よし、よく見たい」そう思ったら
眼鏡をかければ、1.2見えるようになる

網膜の機能は発達していて、解像度がいいからですね

弱視の子は
大人になって「もっとはっきり見たい」と
思えるようになってから眼鏡をかけても
0.5のまま、なんです

網膜の解像度が良くないから

「見る力」が少し弱い

いくら眼鏡でピントを合わせてあげても
シャープな像が写らない

視力の発達できる時期が終わっているからですね

ところが・・・・!

子供はずごい!

小さい子供のうちなら
目はドンドン成長できるから
眼鏡をかけて、ピント合うってことはこういうことだよー
ピント合えば目も楽だし、よく見えるようになるよー

そう眼鏡をかけて身体(脳)に教えてあげれば
グングン目は成長します

弱視治療は目の成長が終わってしまう
6歳~8歳までに終了していることが理想とされています

治療期間はだいたい1~2年

ってことは4歳、5歳で弱視を発見したいところ

幼稚園でいうと
年少さん、年中さんで発見できればうれしいですね
もちろん年長さんでも間に合いますが
頑張らないと残された時間は少なくなります

せっかく
4歳5歳で眼科に来たのに
弱視が発見されず小学校入ってから
発見された・・・・

そんな悲しいことはできるだけなくなりますように

弱視は治療したら治るんです

発見することが大事!!

視能訓練士の心の叫びでした(笑)



関連記事
\Follow me/

2 Comments

riko  

No title

こんばんは!
弱視と言う意味が最近の記事でようやくわかってきました。
記事を読みとても勉強になり頭の中にドンドンと入っていきました。
本当にありがとうございます!

私のクリニックでもこれまで何人もの子供の弱視用のメガネ処方箋を
出しています。
定期健診に来院してちゃんとメガネをかけてる子供を見ると安心します。

これからもまたいろいろと教えて下さいね!

2016/01/26 (Tue) 19:40 | EDIT | REPLY |   
menohatena  

Re: No title

こんばんは!
ほんとですかー?⤴よかったです✨
子供のことなんで、弱視に関しては、クリニックの先生やスタッフをはじめ、ご両親や周りの大人が正しい理解を持って関わってくれることが必要ですよねー
わかってくれてうれしいです😃✨

2016/01/26 (Tue) 22:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment