「赤と緑、どちらがよく見えますか?」2色テストは100%正しいとは限らない!

fc2blog_20191104151045251.jpg


眼科で視力検査の後に「赤と緑どっちがよく見えますか?」って聞かれるけど、あれってどっちが正解なん?なんて答えたらいいの?


眼科で働いてたら聞かれたことあると思います
視力検査の最後に聞くことがある2色テスト(レッドグリーンテスト)
視力検査の後に2色テスト(レッドグリーンテスト)を必ずする!と決めている眼科もあるみたい

2色テスト(レッドグリーンテスト)って何なの?
どれくらい信用できるの?

2色テスト(レッドグリーンテスト)の意味や感覚を理解して、正しく使える検査技師さんになりましょう



①2色テスト(RedGreentest)ってどんなテスト?


2色テスト・レッドグリーンテストは視力表の下にある、これです
レッドグリーンテスト・2色テスト・レディカル福岡
参照|視力検査の「赤と緑、どちらがはっきり見えますか?」で何が分かるの?レディカル福岡

視力表によって「まる」じゃなくて四角の時もあります
不二工学視力表
参照|不二工学機械株式会社・視力検査装置

どんな時に使う検査かというと・・・
色収差を利用した検査法で、球面レンズ度の調整に用いる
引用|目で見る視力・屈折検査の進めかた

色収差を利用した検査法である。球面度数の微調整に使う
引用|視能矯正マニュアル

自覚的屈折検査の可能な年齢層で屈折検査の最終段階で球面レンズ度の微調整に用いる
引用|眼科検査ガイド 眼科診療プラクティス


近視・遠視・乱視の矯正が終わってから、視力検査の最後に使う検査です

②何を測るの?


色には収差があります
収差ってなんやねん??と難しく考えなくても大丈夫
緑は短波長→短い
赤は長波長→長い

これだけ覚えます

目で考えます
視力検査が終わったあとの目の焦点は網膜にあります
焦点1

緑の光は少し短いので少し手前になる
焦点3

赤の光は少し長いので少し後ろになる
焦点2

拡大図
焦点5

こんな感じ
赤と緑のあいだに焦点がきます

なので赤と緑の黒線が同じくらいの濃さに見えると、網膜の上に焦点があります

赤が濃く見えるときは焦点は網膜の中
焦点7

緑が濃く見えるときは、焦点は網膜の後ろです
焦点6

この感覚覚えてくださいね

S-2.25Dの近視の場合
S-2.00D
焦点7
赤の中の線が緑の中の線より濃く見える

S-2.25D
焦点5
赤の中の黒線と緑の中の黒線の濃さは同じくらい

S-2.50D
焦点6
緑の中の黒線の方がよく見える→過矯正

近視の場合過矯正になるとダメで、焦点は網膜上か網膜より少し手前ないとダメです
なので「赤が濃い」S-2.00Dか「同じ濃さ」のS-2.25Dが矯正レンズの値になります

photo-1453785675141-67637e2d4b5c.jpgunsplash-logoWestBoundary Photography chris gill

③何D変わると答えがかわるの?


②何を測るの?で書いたように


赤の中の線が濃く見える
 ↓
同じくらいの濃さに見える
 ↓
緑の中の線が濃く見える



こんな感じで答えが変わる

何D変わると答えが変わるの?


そう思いますよね

赤と緑は正視眼の網膜の前方と後方おのおの約0.3D の位置に結像すると言われてる
引用|眼科検査ガイド 眼科診療プラクティス


私も新人の頃、先輩視能訓練士さんに2色テストは0.25Dの微調整で使うと教えてもらいました
なので矯正視力(1.2)見えてから2色テストをして
S-2.00 赤
S-2.25D 赤
S-2.50D 赤
S-2.75D・・・と「赤が濃い」が続く場合は2色テストを正しく測れていないと思ったほうがいいです

④どうして測れないときがあるの?


どうして測れないときがあるの?

調節力が関係しているからです!!
調節力は焦点を手前(水晶体がある方)に動かすことができます

近視の場合で考えよう!!

焦点5
まず、網膜上に焦点があるこの状態から考えてみます
ほんとうなら「緑の中の黒線と、赤の中の黒線は同じくらいの濃さ」になるはずですね

だけど調節力が働くと・・・全体が水晶体の方に動きます
焦点5 - コピー

するとこうなります
焦点7
「赤が濃い」という答えになるのです

本当は同じ濃さなのに調節力が働いて赤が濃いという答えに変わるのです


同じように近視が過矯正のとき・緑が濃いというときは
焦点6
この状態ですが、調節力が働くと全体が水晶体側に動いて
焦点5
同じ

焦点7
赤が濃い

そう答える人もいるのです

赤が濃いときは、調節しても同じ答えのままです
焦点7

まとめ①(近視の場合)・網膜上に焦点があるときは「同じ濃さ」か「赤が濃い」
・網膜より手前に焦点があるとき→低矯正のときは「赤が濃い」
・網膜より後ろに焦点があるとき→過矯正のとき「緑が濃い」「同じ濃さ」「赤が濃い」

photo-1444465693019-aa0b6392460d.jpg

⑤結局、2色テストの結果の信用度は50%くらい


④で書いたまとめ①(近視の場合)を言いかえると・・・
まとめ②(近視の場合)・赤が濃いとき→低矯正・網膜上・過矯正、どの状態のときでも赤が濃いという可能性がある
・同じ濃さのとき→網膜上・過矯正のとき
・緑が濃い→過矯正

赤が濃い=低矯正だ!!合ってる!という考えは捨てましょう
緑が濃いときは近視の場合なら、「過矯正」、これは間違いないです
緑が濃いと言われたら、もう一度近視度数をプラスから動かして視力検査をやり直しましょう

2色テストは若近くて近視がある人に過矯正じゃないかチェックしたいから使うと思います
でも・・・
若い人は調節力がたくさんあるし、過矯正になっていても「赤が濃い」という可能性があるということを知ってほしくて、この記事を書きました

私の感覚では2色テストがきちんと測れる人は50%くらいかな

視力検査の参考程度に測るという気持ちで使うといいと思います

今回の記事で参考にした本


関連記事
\Follow me/

2 Comments

kero  

遠視の場合の、二色テストは どうなりますか?

2019/11/26 (Tue) 11:29 | EDIT | REPLY |   
はてな  

Kero

お返事遅くなってごめんなさい!
遠視の場合は、低矯正は網膜後ろ、過矯正は網膜の中に焦点がきます。なので、理屈的には低矯正では緑がハッキリで、過矯正で赤がよく見えます^_^

2019/11/30 (Sat) 08:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment